美容整形について

 

体の美容整形

人工乳腺法 (バッグ挿入法)

大胸筋または乳腺の下に、生理食塩水バッグ、CMCバッグ、コヒーシブシリコンバッグ、シリコンジェルバックを挿入する豊胸手術で、一番ポピュラーな方法と言えます。以前はバッグの安全性に問題があるとされたバックもありますが、現在は技術の進歩により品質と人体への影響にも安全性が保障されているものがほとんどとなっています。また、バッグを挿入する場所も胸の皮膚の下に入れる方法と胸の筋肉(大胸筋)の下に入れる方法とがあり、ほとんどの場合が入院の必要はなく施術時間は大体1時間程度で終了します。

脂肪注入法

お尻やお腹や太ももなどから吸引した脂肪を生理食塩水で洗浄し、状態の良い脂肪を選んでバストの脂肪層に注入して理想の形に整える豊胸手術です。他の部位から注入された脂肪も毛細血管に取り込まれ自然な感じに収まり固定されます。自分の脂肪注入法で使用する方法なので、仕上がりは自然でよりナチュラルなバストを手に入れることが可能と言えます。自分の身体の中に異物を挿入するバッグ挿入法に抵抗がある人向けの手術です。注入できる脂肪の量には限度がありますので、少しだけバストのサイズアップをしたい人にはおススメです。

乳輪縮小

乳輪を小さくする代表的な方法として、「内側切除法」と「外側切除法」があります。内側切除法は文字通り、乳輪の内側を希望のサイズ分切除し縫い合わせる方法です。乳首の根元を中心に切除するため、傷口は目立ちません。乳頭が平らに低くなることを防ぐため、皮膚のすぐ下を、しぼり袋の閉め口のように縫い合わせます。
外側切除法も文字通り乳輪の外周部分を切除して縫い合わせる手術方法で、傷も乳輪の外周になるので、内側切除法に比べると少し目立つことが多いようです。この方法では皮膚のすぐ下をしぼり袋の閉め口のように縫う必要がありません。どちらの方法も、切除輪の幅が大きすぎると縫合部の内側と外側の差も大きくなるので、その幅は大体1センチから1センチ5ミリぐらい。結果的には乳輪直径を2〜3センチ縮めることが可能で、どちらの手術も1週間は入浴を控えないといけません。

乳頭縮小

生まれもって乳頭が大きい方や、もしくは出産や授乳で大きくなった乳頭を小さくすることが美容整形では可能です。手術方法は、乳頭の根本の部分を、先端を残してフルーツの皮をむくように一回り切除して縫い合わせるという手術です。小さい箇所ですので、傷跡はほとんど残りませんし、腫れの心配もありません。乳輪縮小手術と同じく、1週間程度は入浴を控えないといけません。

pickup

人気の声優養成所

2017/9/20 更新