美容整形について

 

顔の美容整形

埋没法

目の美容整形
二重まぶたにする美容整形の中に、現在では手術の主流となっている埋没法があります。希望の目の形に合わせて、まぶたの中に髪の毛ほどの糸を専用の糸で縫い合わせる方法です。そのため、メスを使って切ったりはしません。二重まぶたの治療時間は通常10分ぐらいで終了します。手術中は麻酔をかけるので痛みはまったくありません。直接目の周りを切る必要がないため、傷あとは残らず術後も2〜3日で腫れも引き、1週間後には理想の目の形になっています。また、二重まぶたにするための埋没法は特に抜糸の必要もありません。その代わり、糸がまぶたに埋め込まれます。ナイロン製の人間の目では確認不可能なぐらい透明な糸なので、肌から透けて見えることはありません。希望している目の形(ライン)に落ち着くまでは、通常3ヶ月ぐらいかかります。この埋没法のメリットは、もし二重の感じが気に入らなかった場合、手術をしてから数日の間であれば再手術も容易に出来ます。糸をまぶたの内側に通すだけなので、大体2ヶ月以内の早い段階ならやり直しも可能となります。

全切開法

二重まぶたの生成には、目の周囲のさまざまな要因が絡んできます。眼科脂肪の厚さ、眼輪筋、骨格、皮膚の厚さやたるみなどです。これら全て踏まえたうえで理想の二重まぶたに近づけるためには、切開が必要となってきます。二重のラインをつくり希望の二重の形に合わせて、目頭から目尻までを切開、脂肪や眼輪筋などを切除します。また、目の開きが小さい人の場合は、手術の際に挙筋腱膜を前転することで、目を大きくすることも美容整形では可能です。

鼻先形成

鼻の中から、鼻先の軟骨にアプローチして微調整すれば手術の痕を残さず鼻の形を自由に整形することが出来ます。手術跡は、外からは見えない耳の後ろからのアプローチになるため、仕上がりはとても自然で、鼻の低かった方は特有の幼さが消え、上品で大人な女性・男性への印象に変わる方が多くいるようです。鼻先に加え小鼻が目立つ方は、小鼻への美容整形と組み合わせる事で、より美しい鼻の形に整形することが出来ます。

小鼻縮小

鼻の美容整形
小鼻縮小は、軽いメイク感覚の美容整形です。小鼻の付け根部分を少し形を整えるだけで、鼻全体の形がすごくキレイに仕上がります。小鼻縮小により、理想の鼻を手に入れてスッキリした顔を目指すには、まず切除する部分に麻酔をし、左右の鼻の穴、付け根の部分を4,5ミリ少し切り、3〜4針分縫い合わせるという手術時間20分程度の簡単な美容整形で済みます。傷跡は目立たずに、1ヶ月もすればで傷跡も消え自然な仕上がりになります。

鼻筋を通すプロテーゼ

鼻筋を通す代表的な方法として、くぼんだ部分にプロテーゼという人口軟骨を宛がう方法があります。プロテーゼとは外科手術にも使われる人工軟骨であり、安全性が高く信用度の高い素材です。体内でも変質せず大きさや形の自由度もある事で、理想的な鼻筋を作り出す事が可能となります。施術自体も鼻の穴の中から行うので傷口が見える心配もありません。

おすすめWEBサイト 5選

横浜でフォトウェディング

Last update:2017/9/11